そのジェラートは店内で作ってる?工場で作ってる?店内製造が美味しい理由とは?

工場製造 店内製造

ジェラートの製造方法には、工場で一括で作って各販売店で売る方法と、店内で製造して出来立てを提供する2つの方法があります。それぞれの違いはどのようなところにあるでしょうか?

ジェラートを工場で作る場合

お店がたくさんあって、大量にジェラートを売るには、工場で作る方が効率的です。
どの店舗でも常に同じ味を提供し、デパ地下など、販売店のスペースが小規模の場合は、このようにせざるを得ません。
こういうお店は利益が高いため、人通りの多い場所に店舗を構えたり、たくさんの広告をうつことができるので、目にする機会も多いでしょう。

ジェラートを店内で作る場合

ジェラート店の中で製造までしているお店に出会えればとてもラッキーです。新鮮な出来立てのジェラートをその場で味わうことができるからです。
新鮮なまま提供できるということは、保存料などの添加物を使う必要がないので、身体にもとてもヘルシー。
余計な添加物の味もしない、素材そのものの味を味わうことができるジェラートに出会うことができるでしょう。

イタリアで人気のアルティジャナーレ

イタリアでは、店内で職人が作るジェラートをジェラート・アルティジャナーレと言います。
店内で製造しているお店の看板には、GELATO ARTIGANALEと記載されているので、イタリアでどこのお店に入っていいかわからない場合は、アルティジャナーレのお店を選んだ方が良いでしょう。

GELATO ARTIGIANALE
GELATO ARTIGIANALE
GELATO ARTIGIANALE

イタリアではジェラートをおやつとしてだけではなく、体調を崩したり、食欲がない時の食べやすい栄養補給食品として考えているので、風邪をひいたときにお医者さんからジェラートを食べることを勧められたりします。その時食べるジェラートは、やはりアルティジャナーレのもの。美味しくて健康にも良いジェラートは、添加物も少なく、新鮮なまま食べられるアルティジャナーレです。

美味しいジェラートを提供できるのは、店内製造のアルティジャナーレと覚えておきましょう

関連記事

  1. ジェラートとアイスクリーム

    ジェラートとアイスクリームって違うの?

  2. ケースにフタ

    ケースにフタが閉まっていたら味に自信のあるジェラートのお店

  3. オーガニック食材

    ジェラートにオーガニック食材使用。もはやイタリアでは当たり前?

  4. ピスタチオ

    ピスタチオのジェラートの色は緑?茶色?自家焙煎のお店とペーストのお店ではどちらが美味しい?

  5. テーブルの上のジェラート

    美味しいジェラートは、食べた後に水を飲みたくならない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。